Automation Anywhere

オートメーション・エニウェア・ジャパン

DIGITAL WORKFORCE SUMMIT TOKYO 2020

DIGITAL WORKFORCE SUMMIT TOKYO 2020

2020年2月26日(水)

ベルサール汐留

この度、昨今の「新型コロナウイルス」による影響を鑑みまして、お客様および関係者の安全を考慮した上で、
来る2月26日に予定しておりましたDigital Workforce Summitを中止させていただくこととなりました。

既にお申込みいただいていた皆様、これからお申し込みを予定されていた皆様には
大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

今後、別の形式で弊社、パートナー様の最新情報をお届けできる機会を検討させていただきたい所存です。

今後ともよろしくお願いいたします。

今回から始まる、オートメーション・エニウェアによるRPAの最新技術・動向をお届けする定期イベント「DIGITAL WORKFORCE SUMMIT TOKYO 2020」。
いまRPAの導入は第2ステージに進化しています。多くの企業がまだ成しえていないRPAの全社導入を成功させるための秘訣、そのための最新技術、そしてRPA-as-a-Servicesの「Enterprise A2019」といった新しい動向をいち早くお届けします。
お客様による導入事例紹介、パートナー企業によるソリューション紹介、オートメーション・エニウェアのビジョンや最新技術動向に関するセッションや展示が満載です。
この機会にぜひご来場下さい。

日付

2020年2月26日(水) 13:30 - 18:30 (受付開始・展示コーナーオープン 12:30)

場所

ベルサール汐留 B1F (汐留駅 徒歩5分, 新橋駅 徒歩9分)
東京都中央区銀座8-21-1住友不動産汐留浜離宮ビル B1F

対象

RPA導入を検討されているテクニカル・リーダー/IT Managerの皆さま

費用

無料/事前登録制

プログラム

ベルサール汐留B1F HALL

12:30 - 13:30

受付開始・展示コーナー開場

13:30 - 15:10

ジェネラル・セッション

飯尾 光國

ご挨拶

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社
副社長 営業統括
飯尾 光國

エイドリアン ジョーンズ(Adrian Jones)

基調講演

Automation Anywhere Inc.
アジア太平洋・日本地域担当エグゼクティブ バイス プレジデント (EVP)
エイドリアン ジョーンズ(Adrian Jones)

安部 慶喜 氏

【特別講演】RPA/デジタル改革 -日本企業のRPA 第2ステージへ-

アビームコンサルティング株式会社
戦略ビジネスユニット 執行役員 プリンシパル
安部 慶喜 氏

RPA/デジタル改革は、働き方改革の追い風を受けて急激に拡がっています。
日本企業がRPA/デジタル改革で大きな成果を出し、真の働き方改革を実現させるには何が必要なのか?
改革の最前線を常にリードする中で得た、その成功の秘訣を語ります。

アビジット カカンディキ(Abhijit Kakhandiki)

テクノロジー・キーノート

Automation Anywhere Inc.
製品&エンジニアリング担当シニア バイス プレジデント (SVP)
アビジット カカンディキ(Abhijit Kakhandiki)

15:10 - 15:30

休憩・ライトニングトーク・展示

15:30 - 16:10

【お客様事例講演】AutomationAnywhereを活用したデジタルワークフォース推進手法

須山 正隆 氏

ウシオ電機株式会社
IT戦略部門 部門長
須山 正隆 氏

RPA導入の各プロセスにおける推進手法や開発者育成などを検討されている方々に向けて、Botの要件定義・開発・運用を内製で効率的に進めるための様々な施策について、ウシオ電機の事例をご紹介します。
また、AutomationAnywhereの機能を活用した開発Tipsをいくつかご紹介します。

16:10 - 16:30

休憩・ライトニングトーク・展示

16:30 - 17:35

RPA-as-a-Service「Enterprise A2019」と「IQ Bot」の最新ロードマップ

霜田 智之

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社
シニア セールス エンジニア
霜田 智之

佐野 千紘

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社
Cognitive Automation シニア セールス エンジニア
佐野 千紘

ビジネスユーザからプログラマまで。セキュア環境で実用的なBotが、誰でも簡単に開発、管理できるクラウドサービス「Enterprise A2019」。TCOを削減しつつ組織全体のBot利用率を増やす手法を、新機能、新ロードマップを交えながら、ご紹介いたします。
また、紙の帳票イメージから構造化データを取り出し、RPAによる自動処理を可能にするAIソリューション「IQ Bot」について、AI-OCRとの違いと活用事例についてもご紹介いたします。

17:35 – 17:50

クロージング セッション

17:50 – 18:30

展示

※ 講演内容・講師・時間配分などは変更になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。